ワキガ 対策 クリーム 市販

ワキガ対策クリームは市販品でも効果がある

■ワキガ対策にクリームを利用しよう
ワキガを抑制したいときに、最初のうちいの一番に考え付くのは「スプレー」ではないかと思います。
だけども、このごろ人気であるのは「クリーム」となります。「スプレー」はじょうずに吹かないと成分が空気中に逃げてしまって、有効性が無くなってしまうこともあると聞きます。

 

それに対して、「クリーム」は直に脇に塗布しますから、どなたが塗っても高い効果が発揮されます。
汗を抑えるのみならば「スプレー」でもベストだと思いますが、臭いを抑制したいであれば「クリーム」がオススメです。

 

ここでは、ワキガを抑えるクリームを選択する上で、認識しておかなければならない成分を皆さんにレクチャーします。

 

■「制汗」効果
ワキガの第一の要因は、脇で見られる「アポクリン汗腺」から出る汗となります。
ワキガを抑えるクリームにとりあえず必要不可欠なのは「制汗」効果です。

 

脇の「保湿」というのは制汗効果ができると考えます。

 

肌がカラカラになると、乾燥より皮膚を守ることから皮脂や汗が分泌されることになります。
このことは体の大事な機能ではあるのですが、脇でこれらの機能が活用されてしまったら、ワキガが発生してしまうのです。

 

ワキガを抑えるクリームの中では、アロエエキス、オウゴンエキスなどの植物エキスや、海藻エキスなどといった保湿成分入りのものが多く、こういったものが含まれているのなら制汗効果が出るでしょう。

 

■「殺菌」効果
ワキガの第二になる原因は、アポクリン汗腺から分泌された汗に含まれる脂質やタンパク質を脇の皮膚上だったり脇毛にいる常在細菌が分解して、臭いを引き起こすわけです。

 

こういった類の細菌の働きを低くするといったことも、ワキガ対策においては肝心だと思います。

 

殺菌効果のある成分という形でオススメでありますのが「ミョウバン」だと思います。
「ワキカ?に効き目があるミョウハ?ンは?」のページだって説明してあることからわかるように、ミョウバンは水に溶かすと酸性となって、皮膚常在菌の活動を強力に抑止してくれるのです。

 

それらの他にも、制汗効果も見られますので、ダブルでワキガに効果的である成分になっています。

 

■「消臭」効果
先述の2つと一緒に、消臭効果の高い「緑茶エキス」などというが入れられていたら、プラスアルファのデオドラント効果が見られるでしょう。

 

緑茶エキスにおいては、抗酸化・抗菌作用の整った「茶カテキン」が含有されていて、臭いの成分を分解してもらえます。
その中でもオススメポイントは、柿から取れる「柿渋エキス」ではないでしょうか。

 

柿は、従来より臭いを抑制する有益だとして取り入れられて来たのです。

 

柿渋エキスに含まれる「柿タンニン」というのは茶カテキンのと比較してみてもこれまで以上に抗酸化・抗菌効果が高く、その上殺菌効果もありますことから、ワキガを抑えるという意味はうってつけの成分だそうです。